《建てよう会》30代でこだわりの家を建てよう

《建てよう会》30代でこだわりの家を建てよう

住宅の2階側から見下ろした、店舗の吹き抜けです。

柱・梁の木と、防水紙だけで囲われた空間。柔らかい光が透けて明るく、防水紙だけでも十分風を防ぐため、内部はとても心地よい状態です。


監督さんとも話になったのは、日本家屋は古来より、もともと木と紙でできていたと言う事。

休憩時間、棟梁を囲み、そんな話をしながら頭の中でいろいろと思いをめぐらせていました。


今日は、瑕疵保険の躯体検査に合格。

躯体を止める様々な金物が、次の出番を待っていました。


上棟式のときの御札などが、しっかりと小屋裏に納められています。
 


2010/11/12 17:46:Copyright (C) 金内勝彦設計工房
Today 460
Yesterday 389
Access 1,012,912
Contents 601
Members 10

Login
powered by samidare