《建てよう会》30代でこだわりの家を建てよう

《建てよう会》30代でこだわりの家を建てよう

以前から我々業界では耳にしてたのですが、制度制定60周年記念事業で、「境界殺人」という小説をテレビドラマにしようという動きがあるという話がありましたが、この度正式に発表されたようです。
以下本日の「スポーツ報知」の記事です。

黒木瞳、10年ぶりの「土曜ワイド」
…土地家屋調査士役 女優・黒木瞳(50)が10年ぶりにテレビ朝日系の人気番組「土曜ワイド劇場」に登場する。3月19日放送の「愛と死の境界線〜隣人との悲しき争い〜」(後9時)で、土地家屋調査士・ゆう子を演じる。共演は土曜ワイド初出演となるお笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実(35)。異色コンビで事件を解決していく。
 物語は「土地家屋調査士」という職業を軸に動く。土地、建物を調査記録し、役所に登記申請する仕事だが、隣人同士の境界線争いの現場に遭遇することも。そんな中で殺人事件が発生。守秘義務と捜査協力との狭間に立たされながら、黒木はアシスタント役・拓也(徳井)と解決の糸口を導いていく。
 01年の「鬼子母神」以来、2度目の土曜ワイド主演となる黒木。実は12歳になる娘が番組の大ファンで「家で台詞(せりふ)の練習をしていると、娘から『大詰めだね』なんて言われます」と笑った。
 一方、黒木に憧れる役柄の徳井は「(撮影中)相手が『黒木さんだ』と認識するとドキドキしちゃうので、認識しないという高度なテクニックを使っています」とか。共演は西村雅彦、三田村邦彦、寺田農、秋本奈緒美ら。

私としては2時間という限られた時間でどれだけ土地家屋調査士らしさが見られるか興味があります。
是非皆さんお時間があれば視聴してみて下さい。
2011/02/11 19:41:Copyright (C) やまだ測量登記事務所
Today 91
Yesterday 166
Access 1,057,143
Contents 600
Members 10

Login
powered by samidare