《建てよう会》30代でこだわりの家を建てよう

《建てよう会》30代でこだわりの家を建てよう

2007年4月15日(日)に「プチ建てよう会」と題して、昨年「第1回山形の家づくり大賞コンペ」で、みごと入選された「季節の見える懐かしい家」の見学会を行いました。

建築主さんは、建てよう会にも参加してくださっている森谷さんです。設計者は設計工房・岳穂舎の富樫さん。建てよう会の専門家メンバーです。

玄関までのアプローチ。黒で統一されたシックな外観です。


玄関土間です。昔懐かしい雰囲気でいっぱいです。


1階ホール脇の小上がりの和室です。


参加者たちが真剣に見入っています。


和室からホールを見返した写真です。


和室壁面の飾り棚です。古い足場板を使ったおしゃれなデザインです。


和室のちょっとした明かり窓です。


設計者の富樫さんから説明を受けている参加者。


森谷さんの奥様です。和室に対面しているキッチン。


ホールは子供たちの遊び場。その1


ホールは子供たちの遊び場。その2


ホールは子供たちの遊び場。その3


2階通路の本棚と明かり窓。


2階子供室から見える景色に感動。


2階通路でなごむ参加者。森谷さんの趣味が垣間見られます。


お休みのところ、快く迎えていただいた森谷ご夫妻にとても感謝申し上げます。ありがとうございました!

【応募作品のポイント】
どこか懐かしいような家にしたいと思いました。イメージは、私が小学生の頃に住んでいた「茅葺きの家」の土間と板の間、妻の育った家の白壁と黒光りした柱。明るいだけではない、隅に暗がりの残るような家。そして東には大岡山があるので、毎日山を見れるというのは、それだけで季節を感じられるのではないか。あるものは見ようと東側の眺めにこだわりました。結果、建築士さんの様々なアイデアと、職人さんたちの素晴らしい技術で、満足度120%の家が出来ました。
(やまがたの家づくりの本より抜粋)

2007/04/10 16:18:Copyright (C) 金内勝彦設計工房
Today 218
Yesterday 1,072
Access 979,360
Contents 599
Members 10

Login
powered by samidare